2008年02月14日

「犬の餓死」が芸術?

ここ数日この件ではいろいろ議論を呼んでます!


私も猫友さんのfuniさんのブログを読んでから、憤りを覚えて調べまくりましたが、どうやら

真実 の様子・・・。パンチ


どんな事件か?

コスタリカで犬を繋いだまま放置し、餓死して逝く様を見せ物にして殺しました。

それが、アートだといわれているそうです。

展示場へ訪れた人達のたくさんの人達が、餌をやろうとしたり、抗議 をしたそうですが、その芸術家グループ側が断固として阻んだそうです。

でもそういう抗議行動が大きくなればなるほど、その芸術家の思うツボになるため、なんとか隠れて餌をあげようとした時には、その犬はもう何も喉を通らない程衰弱していたそうです。




こんなブログ も見つけたけどこれは真実かどうかがわかりません。



生き物が死に行く様を芸術として撮り続けていたという芸術家。

それが芸術ならわざわざ生き物を殺してもいいのですか?


皆様はどのように思われますか?





アニマルレフュージ関西/ARK では請願にオンライン署名できるようになっています!

「Bienal Centroamericana Honduras 2008」という次の展示会に、展示させない為のボイコットです。


ご賛同くださる方は是非是非署名をお願いいたしますexclamation×2



こちらから署名できます


下の方に四角で囲まれた「Click Here to Sign Petition」

というのがあるので、そこをクリック。


署名の仕方!(ローマ字)


Name: (required) (名前)

Email Address: (required) (メールアドレス)

Ciudad / Localidad: (required) (町の名前)

País: (required) (国)

そして、「Preview your signature」にクリック!

次のページの「Approve Signature」にクリック!



私が署名した時は40万以上集まっていました。

果たして、この数が多いのか少ないのかわかりませんが、罪のないワンちゃんの一匹でも不幸な殺され方をされない事を祈ります。


王冠 「 おいらも署名するにゃ猫(足) 」
顔(汗) 「 王子、ありがとうございます。お気持ちだけいただきますよ揺れるハート 」
DSC_0100.jpg


ニックネーム ゆみたか at 14:57| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする